あなたは大丈夫?スピードラーニングは比較して本物を購入しよう|Learn English
HOME>Utility>あなたは大丈夫?スピードラーニングは比較して本物を購入しよう

目次

他の教材と大きく違うのは

聞き流すだけで英会話が上達すると云う事で人気の高いスピードラーニング。人気が出てくれば当然の様に類似品も出回るもので、通販が基本の教材なだけに、間違えてスピードラーニングではない教材を購入してしまう様なケースも発生している様です。そこで、類似品と本教材と何処が大きく違うのか比較して考えてみましょう。本教材が圧倒的に他の教材と異なるのは、会話時の場面設定ではないでしょうか。ネイティブが普段使っている会話を普段通りに切り取って、そこに日本語が後から追いかけて来る事で、その場面がよりクリアにイメージできる点でしょう。

その一方で類似品は

スピードラーニングと同じ様に、類似品でも日本語が追い掛けて来る教材は他にもある様ですが、その翻訳が直訳的で会話の場面をイメージできないと云う事が一例として挙げられます。日本人は単語の意味を追いかけようとするので、会話の中にその単語がないと困惑してしまうものです。が、ネイティブの会話は言葉の塊で状態を表しているので、暫しイメージにある単語は出て来ないものです。類似品と比較して、同じ様な物なら安い方をと価格に惑わされないで、確実に英会話を身につける目的でスピードラーニングを選びましょう。

何気ない日常会話

普段よくある様な場面ほど、当り前ですが会話が生じるものです。一方で改まった機会では会話自体が少ないので、アイコンタクトや相槌程度で気持ちは伝わるでしょう。こうした何気ない光景がスピードラーニングには、ふんだんに散りばめられているのが特徴です。そして、繰り返し聞き流す事で、聞いたままの光景が目に見えて来る事で、すらすらとその会話が日本語ではなく英語で口からこぼれて来る。これこそ、他の教材と比較ができない長所と言えるでしょう。

あとは実践あるのみ

こうしてイメージとして脳に蓄積された光景は、その英会話がネイティブであればあるほど素直に耳に入って来るようになります。これが、スピードラーニングの目指す姿。あなたは、既に最初とは比較にならないほどのネイティブな英語耳になっていますから、あとは自信を持って実践してみましょう。

広告募集中